虫歯の初期症状と再石灰化について詳しく確認しましょう

キシリトールを摂取する場合

キシリトールと再石灰化

キシリトールのガムやお菓子は数多く販売されており、歯の再石灰化への効果を期待して購入する人はいるのではないでしょうか。

キシリトールは天然の甘味料であり、カロリーは砂糖の約75パーセント。外国では歯磨き後にキシリトールを摂取して虫歯の減少できたという結果もあるようです。

特にガムを摂取すれば、唾液の分泌が活性化して虫歯や歯周病のリスクが下がるのが期待できます。他には、ミュータンス菌という虫歯の原因菌の働きを抑制したり、プラークの付着を防いだりします。

再石灰化の効果を高めるには、10分程度キシリトールのガムを噛むと良し。歯磨きの効果を高めたい場合は歯磨き前、歯の強化を図りたい場合は歯磨き後がオススメ。他には、噛むことによってストレス軽減の効果も見込めます。

過剰摂取は却ってマイナス

歯の再石灰化を促進によって虫歯予防を図りたい時に、キシリトールの摂取は1つの方法。特にガムであれば、甘味料が配合されており、ストレス軽減や空腹対策の観点でも効果を発揮するのではないでしょうか。

なお、キシリトールの1日当たりの摂取量は5から10グラムが目安で、ガムであれば4から8個。しかし、過剰摂取をすれば高い効果を発揮すると考える人はいるかもしれません。それによって、下痢や腹痛の症状が出てしまう可能性はあります。他には、甘味料が配合されているため、却って虫歯や歯周病のリスクを高める可能性も。

過剰摂取によって健康面のリスクが出てしまうため、控えるようにしましょう。また、歯磨きの代わりとして使用も1つの方法ですが、プラークを十分に落としきれないので注意しましょう。


TOPへ戻る